産地からの情報

【紅茶の産地から】生産者 スマワティさんのご紹介

スリランカ南部 バタヤヤ村 スマワティさん

「エクサ(エクサ・カーボニッカ・テー・ワガーカラワンゲ・サンガマヤ(シンハラ語で「有機茶栽培農家協働グループ」の意)」は、2011年にデニヤヤ周辺の2つの村の25世帯の農家で紅茶の有機転換に挑戦し始めました。2020年現在は5つの村に広がり、約80世帯のメンバーがいます。3回目は、バタヤヤ村のスマワティさんをご紹介します。

スマワティさんは2013年からエクサに参加して有機転換を始めました。40年ほど前に彼女自身が茶栽培を開始した0.2ヘクタールの有機茶畑は、家のすぐ隣にあります。結構な傾斜地にありますが、スマワティさんはいつも身軽に茶畑を案内してくれます。茶畑での作業は彼女と一緒に住んでいる娘さんが主に行っています。2人のお孫さんも一緒に住んでいます。

彼女の茶畑には、エクサの他のメンバーの畑にはあまり見かけないカルダモンがあります。カルダモンはショウガ科の多年草で、種がスパイスとして使われます。スリランカでは毎日の食事(カレー)に欠かせないスパイスです。エクサの活動地シンハラージャ熱帯雨林周辺は、カルダモンの生産に適していて、以前はカルダモンのプランテーション(大規模単一圃場)を作るために森林が伐採されることもありました。もちろんスマワティさんのカルダモンはプランテーションではなく、茶と他の果樹やスパイスと一緒に有機茶畑に生えています。とても品質が良いので、皆さんにもいつか味わっていただきたいです。

スマワティさんが持っているのは、美味しい紅茶を作るために必要な茶摘みの基本「一芯二葉(若い芽とその下の柔らかい2枚の葉だけ摘む)」で摘んだ茶葉。
スマワティさんが持っているのは「一芯二葉(若い芽とその下の柔らかい2枚の葉)」で摘んだ茶葉。
美味しい紅茶を作るために必要な茶摘みの基本です。

 

スマワティさんの茶畑のカルダモンの花
スマワティさんの茶畑のカルダモンの花

関連商品


 アールグレイ紅茶      ルフナ紅茶