パルマルシェとSDGs

パルマルシェのお買い物でSDGs実現へ

最近、ちまたでよく耳にする「SDGs」という言葉。SDGsは、国連が定めた17のグローバル目標と169のターゲットから成る持続可能な開発目標です。貧困問題をはじめ、気候変動や生物多様性、エネルギーなど、持続可能な社会をつくるために世界が一致して取り組むべきビジョンや課題が網羅されています。

フェアトレードやオーガニック、児童労働のない生産など、人や環境や社会に優しい商品を選んで購入・消費することで、SDGsの実現に参加しませんか。

パルマルシェでのお買い物でSDGsが唱える「誰一人取り残さない世界」を目指して、まずはお買い物のチョイスを見直すことからはじめて、一緒に世界を変えてみませんか。

カフェ・ティモール

カフェ・ティモールは、東ティモールのアイナロ県マウベシ郡の山間部の農民が丹精込めてつくった有機コーヒーです。フェアトレードで購入することで、山間部の農村の貧困の解決に寄与し、持続可能な農業を推進するものです。フェアトレードのコーヒー一杯は持続可能な消費と生産のパターンを手元からつくっていくことに参加することです。そしてコーヒーの木は東ティモールの山間部で大切な森林を形成し、きれいな空気と水の重要な供給源をつくっています。

 カフェ・ティモールの商品情報へ

アールグレイ紅茶/ルフナ紅茶

スリランカ南部のデニヤヤで小規模紅茶農家のグループが育てた、人と環境にやさしいオーガニック紅茶です。紅茶のフェアトレードは小規模農家にとって大切な現金収入をもたらしています。森林保護区の近くで有機栽培を行って、地域の生物多様性を守っています。そして、一杯の紅茶が持続可能な消費と生産をつくっていきます。

 紅茶の商品情報へ

アロマ・ティモール(ハーブティー)

東ティモールの女性たちが丁寧につくったオーガニック・ハーブティーです。この売上で女性たちは子どもを学校に行かせるための文具などを買う収入をえることができます。有機の栽培で地域の環境を守り、消費者の健康も守り、持続可能な消費と生産のサイクルをつくっています。

 アロマ・ティモールの商品情報へ

SDGs連携プランのご紹介

パルマルシェを運営する特定非営利活動法人パルシックは、フェアトレード商品やフェアトレード商品の現場で実施する民際協力事業を通じて、企業・団体との協働でSDGs達成を目指すプランをご提案しています。上記のSDGs目標は一例で、すべての目標達成に向けた協働が可能です。詳細はSDGs連携のご提案パンフレットをご覧ください。

連携の例
・社員食堂やオフィスビルの一角で、フェアトレード商品の社内販売会をしてCSR活動をPRする
・子ども食堂で子どもたちの宿題をみる、社員のスキルを利用してロボットプログラミングなどの学習支援をおこなう
・環境保全の取り組みや社員研修の場としてマレーシアにマングローブ植林へ出かける

SDGs達成へ 連携メニューのご提案(PDFファイル:5.46MB)