キャンペーン

【更新情報あり】コーヒーや紅茶を買って、お弁当を贈ろう!寄付つき商品のご案内

助け合いキャンペーン

人との繋がりや生活が制限されるいまだからできること。
コーヒーや紅茶を買って、食事支援が必要な世帯へお弁当を贈ろう!

5.20更新:集会情報

たくさんのご寄付をありがとうございます。5月25日(月)15時より、お弁当寄付先のみんかふぇによるzoomイベントを開催いたします。ぜひご参加ください。

葛飾子ども食堂「みんかふぇ」の現場から~新型コロナウィルス感染社会、私たちにできること~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月8日、7都府県を対象に緊急事態宣言が出されました。在宅ワークに切り替わり、日々の買い物は頻度をなるべく抑えるなど、工夫してご自宅で過ごされている方も多いことでしょう。

家で過ごす時間が増えたいま、フェアトレードのコーヒーや紅茶をゆっくり淹れて、ホッとひと息つきませんか。ParMarche(パルマルシェ)は倉庫での品出しや運送を担ってくださる方々のおかげで、若干の遅れがあるものの、今のところはほぼ通常通りの配送が可能です。

一方で、学校が休校となり、給食がなくなってしまったことにより、日々の昼食にかかる経済的および準備の負担が親御さんに重くのしかかっています

ParMarcheを運営するパルシックは、東京都葛飾区でコミュニティカフェ&子ども食堂「みんかふぇ」を運営してきましたが、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、みんかふぇに人が集まることによる感染リスクを避けるため、3月5日から食事支援が必要な世帯へのお弁当配食に切り替えました。休学措置により、親御さんが働いており給食がないと食事が満足に取れない子どもたちのために、配食を続けています

親御さんからは
「日々何とかやりくりしていますが、これから先どうなるか心配です」
「食事の準備が本当に大変で。。」
との声を聞きました。

~ 暮らしの提案と、いまあなたにできること ~
パルマルシェでお買い物して「お弁当おすそわ券」を贈りませんか?

Q おすそわ券って?

おすそわ券コーナー

みんかふぇに食事しに来た方が、誰かのために1食をおすそわけする仕組みの「おすそわ券」。券を購入して店内に貼っておけば、必要な人が必要なときにその券をはがして使うことができます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、みんかふぇでのカフェや子ども食堂をお休みせざるを得なくなりました。そんななかで、居場所や食事に困っている方々に何かできることは無いだろうかと、この「おすそわ券」の仕組みを宅配弁当の形式で活用することを思いつきました。

「お弁当おすそわ券」は、みんかふぇの近所で調達するお弁当と牛乳1個がセットで1枚500円(税込)「お弁当おすそわ券」1枚で子ども1人のお昼代になります。

ParMarche(パルマルシェ)で「お弁当おすそわ券」の寄付つき商品(コーヒー、紅茶)を買っていただくと、購入代金のうちお弁当1食分500円がみんかふぇへ寄付されます。みんかふぇから食事支援を必要とする世帯へお弁当が届けられます。

“困った時はお互いさま”です。今このような時期だからこそ、手と手を取り合ってともに乗り越えませんか?
※お弁当や牛乳の調達先は店舗の営業(休業)状況によって変更しています。

寄付つき商品を買って応援する

お弁当寄付つきの商品は以下のリンクよりご購入いただけます。ご購入いただいた点数だけ、お弁当代をみんかふぇに寄付して配食事します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連情報

▼ パルシック 葛飾区での居場所作り事業 みんかふぇレポート『お弁当、ありがとう!』の声
https://www.parcic.org/report/ibasyo/ibasyodukuri/16376/

▼ 葛飾区の休校状況(5月7日時点)
区立の幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校 (4月2日~5月31日まで休校)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「みんかふぇ」はかつしか子ども食堂・居場所づくりネットワークに参加しています。
このお弁当配食活動は、子ども達の現状等の情報共有を当ネットワークと図りながら実施しています。

かつしか子ども食堂・居場所づくりネットワーク