東ティモール産生豆5種セット

価格: ¥2,106 (税込)
[ポイント還元 21ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品・不良品について

twitter

東ティモール産生豆5種類をお試しサイズでご用意いたしました。一口に東ティモールといえども、収穫された集落や、精製方法によって味は変化します。おうちで、こだわりの焙煎で、「おっ」や「へえ」「ふむふむ」を引き出す飲み比べをぜひ。

セット内容(各200g)

・KOHAR組合(ハニープロセス・ロブスタ種)
ちょっとめずらしい、有機栽培・ハニープロセスのロブスタ種です。2009年からパルシックがフェアトレードをおこなっているエルメラ県サココ集落のKOHAR(コハル)組合が作りました。ロブスタ種はエスプレッソによく使われます。

おすすめの焙煎度合い:フルシティロースト

・エルダウトゥバ集落(ウォッシュドプロセス・アラビカ種)
標高1,400mにある沢の流れる集落を囲むように広がるコーヒー畑のあるエルダウトゥバ集落の豆はさわやかな酸味が特徴です。

おすすめの焙煎度合い:ハイロースト

・ハヒマウ集落(ウォッシュドプロセス・アラビカ種)
標高1,500mくらいの村で、コーヒー農家20世帯がそれぞれの家の庭先で手回しの機械を使って丁寧に加工をしています。クリーンな味わいが楽しめます。

おすすめの焙煎度合い:シティロースト

・ロビボ集落(ナチュラルプロセス・アラビカ種)
急な斜面に広がる集落を囲むように、標高1,300~1,500mにわたってコーヒー畑が広がっているロビボ集落のナチュラルプロセスは酸味が少なく、チョコレートのようなアロマが特徴的です。

おすすめの焙煎度合い:浅めのミディアムロースト

・ルスラウ集落(ハニープロセス・アラビカ種)
コーヒー畑は標高1,200~1,600mという広範囲に点在しているため収穫は一日仕事ですが、採れた生豆は丁寧にハニープロセスで加工され、名前のようにはちみつのような味が際立つ仕上がりになっています。

おすすめの焙煎度合い:深めのミディアムロースト

コーヒー豆知識

アラビカ種とロブスタ種

アラビカ種は標高900~2,000mの高地で育ち、酸味と香りが特徴です。世界のコーヒーのおよそ3分の2がアラビカ種です。ロブスタ種は標高300~800mの低地で育ち、病気にも強く、苦味とコクが特徴です。

コーヒーの精製方法

・ウォッシュドプロセス:コーヒーチェリー(果肉)を取り除いて、水につけて発酵させた後、粘質物(ミューシレージ)を水で洗い流してから、乾燥させる方法
・ナチュラルプロセス:コーヒーチェリーを取らずにそのまま乾燥させ、その後コーヒーチェリーを取り除く方法。
・ハニープロセス:コーヒーチェリーを取り除いて、粘質物(ミューシレージ)を残したまま乾燥させる方法。

ほかにもこんな商品があります