フェアトレード、有機栽培、無農薬のコーヒー・紅茶・ハーブティー通信販売|Par Marche(パルマルシェ)

商品詳細

東ティモールでハーブティーを作る女性グループ

アロマ・ティモール ハーブティー詰め合わせ

在庫あり

内容量:ハーブティー 

  • アロマ・ティモール(アボカド&ライム)
  • アロマ・ティモール(レモングラス)
  • アロマ・ティモール(ハイビスカス)

原産国:東ティモール

2,430円(税込)

数量 

アロマ・ティモールのハーブティーが、かわいいキューブ型のパッケージに生まれ変わりました!新商品ハイビスカスティーはビタミンCが豊富で冬に大活躍!

セット内容

  • アロマ・ティモール(アボカド&ライム)〜お腹の調子を整えるハーブ〜 30g・・・1袋
  • アロマ・ティモール(レモングラス)〜さわやかな香りのハーブ〜 30g・・・1袋
  • アロマ・ティモール(ハイビスカス)〜元気を取り戻すハーブ〜 20g・・・1袋

※熨斗・クリスマスラッピングをご希望の方は、注文確認画面の備考欄にその旨をご記入ください。

東ティモール産 無農薬のフェアトレードハーブティー

パルシックは2002年からコーヒー生産者協同組合COCAMAU(コカマウ)を支援してきました。その過程で、日々の農作業や家事、子育てと、女性が果たす役割の大きさに比べ、経済的、社会的に女性が置かれている立場の弱さを知りました。そこで、彼女たちの身近にあり、東ティモールでは通常伝統薬として利用されている植物をお茶に加工し、女性たちの収入とすることを考えました。

東ティモールという国は、16世紀に白檀の香りでポルトガル人たちを惹きつけました。乾いた土地には、香り高い草木が育ち、東ティモールには多くのハーブ類が自生しています。地元の農民たちは、頭が痛い時やお腹の調子が悪い時にハーブを食べたり、煎じて飲んでいました。パルシックは、アイナロ県マウベシ郡の山の中の女性たちと、このハーブ類を乾燥させてハーブティーをつくっています。農薬・化学肥料を一切使用せずに栽培されるハーブは、女性たちによって丁寧に摘まれ、加工されています。

香り高さが特長のハーブティーです。

アロマ・ティモールが美味しい3つの理由

1. 伝統的に東ティモールで重宝されてきたハーブ

東ティモールでは通常、伝統的としてハーブが利用されてきました。頭が痛い時やお腹の調子が悪い時に、ハーブ類を食べたり、煎じて飲んでいました。
東ティモールの昔からの、知恵のつまったハーブです。

2. 豊かな自然の中で育った無農薬・無添加のハーブ

標高約1,500メートルに位置するマウベシ郡。山々に囲まれ、きれいな水や空気を受け、豊かな環境の中で育った自生のハーブ。採取されたら、太陽の恵みをたっぷり受けて自然乾燥されます。

3. 女性達の手によって、一つ一つ丁寧に作られるハーブ

採取、水洗い、乾燥と全ての工程が女性たちによる手作業で行われています。美味しいお茶になるように、形を揃えた後、約1週間天日干しします。目視、水分含有量、テイスティングの入念な品質確認がされ、手選別されたハーブだけをマウベシでパッケージングして「アロマ・ティモール」が完成します。現地でパッケージに詰めたら、日本へ出荷されます。