フェアトレードショップ ParMarche「パルマルシェ」

寄付詳細

シリア難民は建築途中のビルで暮らしている

越冬支援でストーブの燃料となる薪を配布

ブルーシートで覆っただけのテントで暮らすシリア難民

パルシックのシリア難民支援活動への寄付

 

パルシックの活動を支えてください。
1口500円からできるご支援にご協力ください。

 

※注文の際、配送先や配送日時指定画面がありますが、寄付に関してお届けするものはございません。システムの都合上、お伺いしてしまいますがご放念ください。

1口 500円

数量 

2017年11月1日に特定非営利活動法人パルシックは認定NPO法人格を取得しました。
パルシックへのご寄付は寄付金控除の対象となります。

(特活)パルシックは2015年10月からトルコ南部のシャンルウルファ県にて、2016年からはレバノンにて、シリア難民支援事業を開始しました。

シリアとトルコの国境は開いているので、空爆などがあるたびに多くの難民がシリアとの国境地帯に逃れてきます。トルコ難民総数200万人のうち難民キャンプに入れているのはおよそ1割の25万人で、それ以外の人たちは国境地帯の村や町に散在しています。また、人口440万人のレバノンには、150万人ものシリア難民がおり、そのうち半数以上が17歳以下の子どもたちです。

難民数の最も多いトルコのハラン市とその周辺では、シリア難民に食糧バウチャー(カードを配布して近隣のスーパーマーケットなどで食糧を購入できるシステム)や食糧バスケットの配布を実施しています。

レバノンのベカー高原のとあるキャンプ地では、同じシリア難民たちが地元の公共プールの建物を利用した学校を運営し、わずかな給与で子どもたちの教育を担っています。子どもたちは先生と一緒に歌ったり、絵を描いたりしながら、文字や算数を覚えていきます。教師たちのわずかな人件費もままならず、継続できない学校がいくつもあり、学ぶ機会をひとりでも多くの子どもに提供できるよう、支援を実施しています。

ご支援への温かいご協力をよろしくお願いいたします。

あなたのご寄付でできること

<トルコの場合>

約1,000円 : 赤ちゃんのおむつ1週間分
約2,000円 : 1人のシリア難民の食糧 1か月分
約5,000円 : テントや土づくりの家を補強するブルーシート1枚

<レバノンの場合>

約1,000円  : 1人分の教科書セット
約5,000円  :5人分の1か月分 (週4日)  の給食
約10,000円 : 6人分の文房具セット