フェアトレードショップ ParMarche「パルマルシェ」

フェアトレードの歴史

フェアトレードの歴史

フェアトレードはどこでどのように始まり、世の中に普及していったのでしょうか。世界と日本におけるフェアトレードの歴史をご紹介します。

世界のフェアトレードの始まり

初期のフェアトレード商品は手工芸品が中心でしたが、1973年にオランダのフェアトレード団体がグアテマラの協同組合からコーヒーを輸入し、その後、紅茶、ココア、砂糖、ワイン、果物、ジュースなどの食品へと商品の幅が広がっていきました。このことは同時に、従来のフェアトレードショップから、市場をスーパーなどへと広げることになりました。ここから、フェアトレード商品の認証という考え方も出てきました。

1946年 米国のキリスト教系のグループ(のちにSELFHELP: Crafts of the World、現在はTen Thousand Villages)が、プエルトリコの女性たちがつくった手芸品を購入したのが初めと言われている。1940年代後半には、南の国々の手工芸品を購入し続け、1958年、最初のフェアトレードショップ(ワールドショップ)をオープン
1950年代 ヨーロッパでも、英国のOXFAMが中国の難民がつくった手工芸品をオクスファムショップで売り始める。1964年にフェアトレード団体Oxfam Tradingを設立
1967年 オランダでもフェアトレード輸入が開始される。1969年にオランダでヨーロッパ初のフェアトレードショップがオープン。その後オランダでは、1988年に、世界で初めてのフェアトレード認証ラベル、Max Havelaarが開始される

世界のフェアトレードのネットワーク化

全世界に広がるフェアトレード団体のネットワークは、市民向けのキャンペーンやアドボカシー活動にも取り組んでいます。

1987年 欧州フェアトレード協会(EFTA:European Fair Trade Association)設立。メンバーは11のフェアトレード輸入業者
1989年 国際フェアトレード連盟(IFAT:International Fair Trade Association)」設立。世界65カ国293団体が加盟、2/3は途上国の団体
1994年 欧州ワールドショップネットワーク(NEWS!:Network of European Worldshops)」設立。構成メンバーは13カ国にある15のワールドショップ協会。所属のワールドショップの数は2,500
1997年 国際フェアトレード・ラベル機構(FLO)設立。当初FLOの正式メンバーは先進20カ国のフェアトレード・ラベル団体に限られていたが、2007年には、機構改革によってアジア、アフリカ、中南米の生産者ネットワーク組織各1団体も正式メンバーに加わった
1998年 EFTA、IFAT、NEWS!、FLOの4つの連合体は、それぞれの頭文字を取った「FINE」という非公式のネットワーク組織を形成。アドボカシー(政策提言)活動の強化を目的としたものである
2001年 FINEのもとで、フェアトレードの共通定義が採択される
2000年 イギリスのガースタングが世界初のフェアトレードタウンに認証される
2009年 IFATがWorld Fairtrade Organizationへと転換。2018年現在、70ヵ国370団体が加盟している
2017年12月 台湾が中国語圏ではじめてフェアトレードタウンに認定される。2018年現在、30以上の国の2,020の都市がフェアトレードタウンとして認証されている

日本におけるフェアトレードの推移

1986年 第3世界ショップが日本で最初にフェアトレード事業を始める。当初はヨーロッパのフェアトレード商品を輸入することから
1989年 オルタトレードジャパン設立
1991年

グローバルヴィレッジ、環境保護と国際協力の民間団体として結成。1995年1月にフェアトレードの輸入販売の事業部門を独立させ、「フェアトレードカンパニー株式会社」を設立

1992年 ネパリ・バザーロ(ネパリ・バザーロと市民団体ベルダレルネーヨ)活動開始
1993年 4月に日本最初のラベル商品が発売される。11月にトランスフェアジャパン発足。2004年2月、法人化にともない、名称をフェアトレード・ラベル・ジャパンに。
1995年 草の根の市民団体・NGOや有志が力や知恵を出しあい、フェアトレードショップ「ぐらするーつ」が設立される
1997年 10月、ジェトロ池袋展示場にて、フェアトレードをもっと多くの方々に知ってもらうための「草の根貿易商談会」が開催される(共催:ぐらするーつ、ミプロ)
2011年 まちぐるみ、地域ぐるみでフェアトレードを推進する「フェアトレードタウン運動」の国内での普及を目指す「フェアトレードタウン・ジャパン」が設立される
2011年6月 熊本市が日本初、世界で1000番目のフェアトレードタウン(フェアトレードシティ)、となる
2014年3月 東京、熊本でフェアトレードの大きな国際会議が開催される
2015年9月 名古屋市が日本で2番目のフェアトレードタウンとなる
2016年7月 逗子市が日本で3番目のフェアトレードタウンとなる
2017年11月 浜松市が日本で4番目のフェアトレードタウンとなる
2018年2月 2月1日に静岡文化芸術大学が日本初、アジア初のフェアトレード大学に認定される